グリーンスムージーうんちくやろう

美味しいグリーンスムージーを作るコツ

グリーンスムージーは葉物野菜と果物を組み合わせて作ります。自分のオリジナルのスムージーを作れるのが人気の秘密の一つだと思います。ただ野菜と果物の配分によっては少々飲みにくい仕上がりになることもあるのんですよね。せっかく作っても飲みづらいと続けることができません。そうなると結局効果が出る前にやめてしまったりすることになります。そうはならないために「美味しいグリーンスムージーの作り方」のコツをご紹介しようと思います。

 

まず一つ目に注意するのは配分です。野菜の栄養をたくさん摂ろうと思ったら野菜多めの方がいいですが果物よりも野菜を多く入れると確実に飲みにくい味に仕上がります。グリーンスムージーには基本的には砂糖などは入れないので、甘みを出すのは果物なのです。果物よりも野菜を多めに入れると甘さよりも特有の苦みや臭みが勝ってしまいます。ですから美味しいグリーンスムージーを作りたい場合は野菜よりも果物を多めに入れてください。大体葉物野菜が3割で果物が7割という配分がベストです。これによりグリーンスムージーの甘さが際立ちます。

 

二つ目に注意するのは入れる果物です。最も甘さを引き出して野菜と果物を丁度いい味に仕上げてくれるのが「バナナ」です。果物の中にバナナを入れるとより美味しくなります。また甘さとフレッシュさを出すために桃もオススメです。甘みに加えて爽やかな酸味も加わるのでスッキリ美味しい味に仕上がります。果物は3種類くらい入れましょう。それくらい入れると体にも良く、美味しさのあるグリーンスムージーができます。リンゴやミカンやパイナップルなどもオススメです。ただしミカンの白い皮をジューサーに入れると皮のせいで少々飲みにくいです。面倒だと思いますがミカンの皮は取る、もしくは缶詰を使うようにすることをオススメします。

 

グリーンスムージーを美味しく作るためには色々と組み合わせを試してみることが大事です。そうしているとどんどん美味しいグリーンスムージーが作れるようになります。何度も作って自分なりの美味しいオリジナルグリーンスムージーレシピを作りましょう。


グリーンスムージーは美容が気になる人にもぴったりです

コンビニエンスストアや本屋などでは、沢山の女性誌が売られています。

 

中でも目を引くのが、美容関連の特集記事の多さです。

 

 

 

ほとんど美容の記事しか掲載していないものもあり、女性がいかに美容に対して関心を持っているか分かります。

 

この美容についてのことですが、自宅で簡単に出来るものから、専門のクリニックに通って行うものまでいろいろなものがあります。

 

しかし、共通していることと言えば、美容に良いことは、すなわち、身体にも良いことが多いと言うことです。

 

 

 

女性がいつまでも美しく、若さをキープするためには、普段からの心がけが必要です。

 

いくら外見に磨きをかけたとしても、身体が老化していると、肌や髪にもその影響が出てきます。

 

肌や髪の衰えを防ぐには、生活の見直しも大事になるのです。

 

この生活の見直しが、健康にも良いことなのです。

 

 

 

例を挙げれば、不規則な睡眠時間を正したり、食生活を改善するのも美容には効果的です。

 

現代人は時間に追われることも多く、忙しいと、つい、食事も手抜きになりがちです。

 

インスタントやレトルトなどの簡単に出来る食材もありますので、このようなものを常備している家庭も少なくありません。

 

しかし、このような食生活では、野菜や果物が不足してしまう恐れもあります。

 

 

 

特に野菜は身体の老廃物を排出する働きがあり、身体に老廃物が溜まることで、血流が悪化して、身体の老化を促しますので、出来れば野菜をしっかりと摂取したいものです。

 

この野菜を取る方法は、食事が第一ですが、時間が無いと言う人も少なくありません。

 

 

 

そのため、簡単に野菜や果物の栄養が補給出来るグリーンスムージーを利用するのも良いでしょう。

 

グリーンスムージーとは、野菜や果物をジュースにしたものであり、生の野菜を使用するため、身体に必要な酵素もきちんと取ることが出来ます。

 

ジューサーがあれば作れますが、通販などでも粉末状のものが販売していますので、このような市販のものを利用するのも良いかと思います。

 

 

 

手軽に栄養が補給出来ますし、忙しい時でもサッと飲むことが可能です。

 

赤ちゃんが小さいお母さんや、美容に良いことがしたいと言う人にも、グリーンスムージーはおすすめですよ。